Monthly AUVI Updates 2022年03月版

A 認証

国・地域名:中 国
国コード:AUC-015

サブカテゴリー名:
型式認証(車両)
型式認証(部品)

AUVIデータコード:
AU-007-1715、1716

AU-008-0907、0908

中国のCQC(中国品質認証センター)は、2月16日、各自動車および自動車部品企業に対して、『一部の自動車および自動車部品製品のCCC認証標準改訂要求の実施に関する通知』を公布し、CNCA(国家認証認可監督管理委員会)が11月30日に公布した、『TC11-2021-01:自動車および自動車部品製品強制性製品認証標準の改訂と追加に関する技術決議』に基づいて改訂した、『CQC-C1101-2020:強制性製品認証実施細則(自動車)』(第二次改訂版、103頁)を発行すると同時に、改訂標準の具体的な執行要求とその他の標準の実施意見を次のように通達しています。

  1. 新しく認証を申請する製品は、標準要求(実施日の要求)に従って認証を実施すること。新しく改訂した標準の実施日および差異補充試験の要求については、技術決議(TC11-2021-01))を参照すること(本通知の附属文書1として添付)。
  2. 標準改訂の状況によって、新規追加の試験項目が無い場合には、既に認証を取得している製品は再度試験を行う必要がなく、そのまま新版認証証書の交換発給を行うことができる。新規追加の試験項目がある場合には、差異補充試験を行わなければならず、試験に合格してから新版認証証書を交換発給する。
  3. 既に認証を取得している関連製品の認証証書は、技術決議の公布日から、1年間継続して使用することができる。標準において生産中の製品に対して過渡期を実施すると明確に規定している場合、認証委託者は、標準が定める日までに、相応の標準を根拠として認証証書の変更、交換発給業務を完了すること。標準が規定する実施過渡期が技術決議の公布日から1年に満たない場合、認証委託者は、技術決議の公布日から1年以内に相応の標準を根拠として認証証書の変更、版交換業務を完了すること。企業は、自身の希望に基づき、事前に証書交換業務を実施することができる。
  4. 技術決議が規定する各標準の版交換期限が過ぎても、まだ証書の交換発給業務を完了していない場合、CQCは、相応の製品の認証証書を一時停止し、3ヶ月を過ぎても未だ証書の版交換業務を完了していない場合、CQCは、相応の製品の認証証書を抹消する。