Monthly AUVI Updates 2021年08月版

A 認証

国・地域名:中 国
国コード:AUC-015

サブカテゴリー名:
基本規則
消費者保護/リコール

AUVIデータコード:
AU-005-0256
AU-024-0245

中国のSAMR(国家市場監督管理総局)は、722日、『自家用車製品の修理交換返品責任規定』(SAMR令第43号)を公布しました。本規定は、いわゆる「三包規定」と呼ばれるもので、総則、経営者の義務、三包責任、争議の処理、法的責任、附則の全642条で構成されており、202211日から施行されます。現行の三包規定(旧AQSIQ令第150号)からの改訂ポイントとして次の3点を掲げています。

  消費者の合法権益の保護を強化し、経営者に対してより厳格な三包責任を求める。

  産業の発展と消費レベルアップのニーズに応じて、自家用車の三包調整範囲を拡大する。

  自家用車三包業務の発展動向に対応して、関連する監督管理制度の整備を図る。

具体的には、新たに

  • 「自家用車製品が、三包有効期間の起算日から7日以内に、品質問題が原因で、エンジン、変速機、動力バッテリー、走行駆動モーターまたはその主要構成部品を交換しなければならなくなった場合、消費者は、車両購入伝票、三包保証書を証明として、自家用車製品の交換または返品を選択することができ、販売者は、無償で交換または返品を行わなければならない。」(第22条)
  • 「販売者が消費者に自家用車製品の交換または返品を行う場合には、消費者に下記の損失を賠償しなければならない。(1)車両登録費用、(2)販売者が受け取った、相応の減価償却を控除した後の追加装備・装飾費用、(3)販売者が消費者から受け取ったサービス関連費用」(第26条)
などの条文を追加した他、
  • 三包保証書に含むべき内容(第9条)に、「修理保証期間、三包有効期間内における家庭用純電動車、プラグイン式ハイブリッド車製品の動力バッテリーの容量減衰限度値」を追加する。
  • 品質問題が出現したときに、消費者が製品の交換または返品を選択できる条件(第24条)中、累計修理時間を「35日」→「30日」に、累計修理回数を「5回」→「4回」を超えた場合に変更するとともに、対象とする部品に電気自動車の動力バッテリーや走行駆動モーター、汚染制御装置を追加する。
  • 合理的使用の補償費用の計算公式(第27条)中、使用補償係数nの範囲を「0.5%0.8%」→「0.5%以下」に変更する。

など、より消費者の立場に寄った変更が加えられています。