Monthly AUVI Updates 2021年06月版

A 認証

国・地域名:中 国
国コード:AUC-015

サブカテゴリー名:
型式認証(車両)
型式認証(部品)

AUVIデータコード:
AU-007-1614、1615
AU-008-0827、0828

中国のCQC(中国品質認証センター)は、515日付け通知において、『CQC12-000001-2020型自主認証汎用規則』の第一次改訂版(117頁)を公布するとともに、関連事項を次のように通達しています。なお、型自主認証はSAMR(市場監督管理総局)2019年第44号公告で指定されたCCC自己声明製品を対象としたものです(自動車関連では、シートベルト、外部照明および光信号装置、座席およびヘッドレスト、間接視野装置、安全ガラスの5種)。ただし、今回の改訂には個別製品の技術要求に関する変更は含まれていません。

  主な改訂内容

  1. 車両の安全付属品類製品の工場検査は、企業の要望に応じて、生産一致性(CoP)検査方式に従って実行できることを明確にした(第368章)。
  2. 6.2節と8.1.2節:CoP検査方式を採用する人日数に関する要求を明確にした。
  3. 認証取得後の年度監督検査方式を、「3年毎に現場検査、文書監査、製品一致性検査の順でローテーション方式によって執行する」→「2年毎に現場検査、文書監査の順でローテーション方式によって執行する」に変更した(第38章)。
  4. 8.2節:現場検査の必須内容に、条項11CCC自己声明とマーク管理」、製品一致性検査を追加するとともに、文書監査は製品一致性検査を含めて全部の条項とすることを明確にした。
  5. 8.4節:監督サンプリング調査を「必要に応じて」実施することにした。
  6. 9.4節:「CCC認証自己声明実施要求に違反した場合」を、証書処理の前提条件の一つとして追加した。
  7. 「工業用配電電器製品の工場検査カバー原則」およびその関連内容を削除した。
  8. その他、編集性の変更を施した。

  新版の執行に関する要求

6月15日に新版の汎用規則を実施した後、CQCは改訂後の文書に基づいて相応の認証活動を行う。今回の改訂によって既に発給した証書を交換する必要はない。