技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2020年03月版

 

A 認証
国・地域名:韓 国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:
型式認証(車両)
型式認証(部品)
型式認証(部品)
AUVIデータコード:
AU-007-1390、1391
AU-008-0667、0668

 

 

 

韓国では、12月26日に立法予告が公示されていた、『KMVSS(自動車および自動車部品の性能と基準に関する規則)』の一部改訂が、2月28日付け国土交通省令第700号によって正式に公布されました。
・ 第9条(最小回転半径)の第2項中、「バス(キャンプ用トレーラーを除く)」→「バス」に変更する。
・ 第18-4条(キャンプ用自動車およびキャンプ用トレーラーの電気設備)のタイトルを、「キャンプ用自動車の電気設備とキャンプ設備の安全基準」に変更するとともに、第2項(キャンプ用自動車のキャンプ設備が適合しなければならない基準)を新設する。
補遺:本規則は2月28日から施行する。第18-4条の改訂規定は、施行後に製造・組立または輸入される自動車から適用する。
また、8月26日に立法予告が公示されていた『KMVSS施行細則』の一部改訂については、3月11日付け国土交通省告示第2020-266号によって、正式に公布されました(997頁、即日施行)。この改訂趣旨および最終的な内容は以下のとおりです。

① 国際基準(UN規則)に合わせて、詳細試験手順を一部改訂・新設する。

  • 別表1(自動車安全基準と性能試験の詳細基準および試験方法等)の21号~21-16号(灯火装置、各種ランプ・反射器の試験)をそれぞれ改訂し、21-17号と21-18号を新設する。
  • 別表1に66号~68号(灯火装置の各種光源の試験)、70号~70-7号(二輪自動車の灯火装置、各種ランプの試験)を新設する。
  • 別表1に別添7(シートベルトの動的荷重試験装置)を新設する。
  • 別表6(自動車部品の安全基準と性能試験の詳細基準および試験方法等)の2号(シートベルトの性能試験)を一部改訂する。

② KMVSSの改訂に伴って、その詳細基準を定めるために、下記を一部改訂・新設する。

  • 別表1の3号(衝突時の燃料漏れ防止試験)、8号(ドア開閉防止装置の強度試験)、23号(エンジン出力試験)、24号(視界確保装置の試験)、55号(二輪自動車のエンジン出力試験)を改訂する。
  • 超小型自動車の諸元を考慮して、別表1に、28-3号(超小型自動車の制動能力試験)、69号~69-13号(超小型自動車の灯火装置・反射器の試験)を新設する。
  • 歩行者の事故を予防するために、別表1に42-3号(静音車の警報音発生装置の試験)、65号(後方歩行者の安全装置)を新設する。
  • 別表2(運行車の安全基準確認方法)の25号(自動車の諸元の測定)を改訂し、30号(子供の下車確認装置の試験)を新設する。
  • 別表6(自動車部品の安全基準と性能試験の詳細基準および試験方法等)の4号と5号にそれぞれ超小型自動車を除外する旨を追記するとともに、8号、11号、12号を一部改訂する。

③ 別表1の38号(車室内装材料の燃焼性試験)、39号(内部ドアの開放防止試験)について、それぞれの試験条件や方法等をより明確化する。

④ 自動車の開発・製造の柔軟性を拡大するために、別表1の別添6(窓ガラスの試験領域の決定および破砕試験の衝撃点等)、別表2の26-2号(バスの最大安全傾斜角度の試験)をそれぞれ一部改訂する。

補遺:
① 本告示は、公布の日から施行する。
② 別表1の65号(後方歩行者の安全装置)の改訂規定に係わらず、2020年6月30日までに製造・組立または輸入される自動車には、後方の映像装置と警報音発生装置の動作を停止させることができる機能を適用することができる。

Comments are closed.

Top