技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2020年02月版

 

A 認証
国・地域名:中 国
国コード:AUC-015
サブカテゴリー名:
型式認証(車両)
型式認証(部品)
AUVIデータコード:
AU-007-1377、1378
AU-008-0656、0657

 

 

 

中国のSAMR(市場監督管理総局)は、2月4日、『新型コロナウィルス感染肺炎流行防護期間における品質認証関連業務の確実な実施に関する通知』を公布し、各認証機関、指定試験所に対して次のように通達しています。

① 認証の流れを最適化して、認証リスクを制御する。

  • 合理的方式を採用して、認証企業(特に中小・零細企業)にオンラインによる認証申請の受理、相談・説明、コミュニケーションなどのサービス機能を提供する。
  • 流行の拡大と認証企業の実際の状況に応じて、適切な方式を選択して監査/工場検査関連手順を完了し、流行収束後、関連する評価結果の確認または現場監査/工場検査を補充実施することができる。
  • 現場監査/工場検査の実施を延期しなければならない場合、認証機関は企業と密にコミュニケーションを取り、現場監査/工場検査の実施延期をサポートするものとする。
  • CCC認証の指定認証機関は、評価や現場検査の重複をできる限り減少させるために、その他の自主認証評価情報を信用して採用することもできる。型式試験に係わる場合、指定試験所は、物流輸送の許可を前提として、CCC認証調査業務を合理的かつ優先的に手配するものとする。

② 流行の実際の状況を考慮して、証書を合理的に維持する。

  • 本通知の公布日から流行収束までの間に、有効期限が満了するか、または監督監査および再認証による維持を必要とする認証証書については、その有効期限を流行収束後の3ヶ月後まで延長することができる。
  • 流行の影響によって生産停止となり、監督監査/工場検査を受けることができない企業が保有する認証証書については、その一時停止等の処理を、流行収束後の3ヶ月後まで延期することができる。

③ 連絡・コミュニケーションを強化し、速やかに情報を通報する。

  • 各認証機関は、上記のように手配した状況を各地方の市場監督管理部門に通報するとともに、SAMR (CNCA)の関連情報サービスプラットフォームにアップロードするものとする。
    これを受けて、CQC((中国品質認証センター)とCCAP((中汽認証センター有限公司)は、それぞれ同様の趣旨の通知を公布しています。さらに、CQCは2月13日付け通知において、コロナウィルス防護期間における企業の生産販売活動への対応策として、CCC電子証書の使用を推進すると通達しています。
  • 電子証書の範囲:認証証書、証書の附属文書、変更結論書。
  • 2月14日以降、CQCは、認証委託者に紙媒体の証書とそれに対応する電子証書を同時に発行する。2月14日以前に発給した紙媒体の証書については、有効期間満了による延長申請、または証書の内容に係わる変更申請が完了したタイミングで電子証書を発行する。
  • 認証委託者は、「製品認証業務オンライン申請システム」にログインすると、電子証書をダウンロードすることができる。

Comments are closed.

Top