技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2019年12月版

 

A 認証
国・地域名:中 国
国コード:AUC-015
サブカテゴリー名:基本規則
AUVIデータコード:AU-005-0199、0200

 

 

 

中国の工業情報化部は、11月21日、『国家車聯網(IoV)産業標準体系建設指南(車両インテリジェント管理)』の意見募集稿と編成説明(合計34頁)を公示しています。〆切:11月30日。『国家IoV産業標準体系建設指南』は、工業情報化部、SAC(国家標準化管理委員会)、公安部などが合同で組織し、制定しているもので、この「車両インテリジェント管理」は第6部に相当し、主な内容は、以下のとおりです:

① 標準体系構造図とその内容説明

1. 基礎標準(用語と定義、分類と番号編成、記号)

2. インテリジェント・コネクテッドカーの登録管理(運行安全要求、運行安全試験要求)

3. ID認証とセキュリティ(インテリジェント・コネクテッドカーのIDとセキュリティ、道路交通管理施設のIDとセキュリティ、ID認証プラットフォームおよび電子証明書)

4. インテリジェント・コネクテッドカーの運行管理(交通秩序管理、交通事故処理、リアルタイム運行管理)

5. 車両/道路の共同管理とサービス(道路交通管理施設の相互交換、道路交通管理情報サービス)

② 標準体系表
上記の体系番号別に具体的な標準名、種類(国家標準/業界標準)、タイプ(すべて推奨性)、編成状況(編成中、編成予定)、採用または対応する国際・国外標準番号を列記(全65件)。

③ 標準体系の構築目標

  • 2022年末まで:基礎的な技術研究を完了し、インテリジェント・コネクテッドカーの登録管理、ID認証と安全などの分野の重点標準20件以上を制定・改訂する。IoV環境下のインテリジェント・コネクテッドカー路上試験、都市クラスのIoV検証モデルなどの業務をサポートする。
  • 2025年まで:IoV環境下の車両インテリジェント管理をサポートできる標準体系を系統的に形成する。道路交通運行管理、車両/道路の共同管理とサービス等、業務分野の重点標準60件以上を制定・改訂する。

また、工業情報化部は12月3日、『新エネルギー車産業発展計画(2021-2035年)』の意見募集稿(本文16頁+附属文書4頁)を公示しています。〆切:12月9日。本稿は、「自動車強国」実現に向けて、新エネルギー車産業の高品質な発展推進の新たなビジョンを示すもので、発展の趨勢、総合配備、技術革新能力の向上、新型産業生態の構築、産業融合発展の推進、インフラ建設の整備、開放協力の強化、保障措置の全8章および附属文書「用語の解釈」で構成されています。
本計画では、基本原則(市場の主導、革新の発動、協調推進)に基づく2025年の総合目標として、次の点を掲げています。

  • 新エネルギー車の市場競争力を明確に引き上げて、動力電池、駆動モーター、車載操作システムなどの重要技術における大規模なブレークスルーを獲得する。
  • 新車販売台数における新エネルギー車のシェアを25%前後、インテリジェント・コネクテッドカーのシェアを30%にする。
  • 高度自動運転のインテリジェント・コネクテッドカーについては、限定区域と特定シーンの商業的実用化を実現する。

技術面では「純電動自動車、プラグイン式ハイブリッド車(航続距離延長型を含む)、燃料電池自動車」を縦軸、「動力電池と管理システム、駆動モーターと電力電子、ネットワーク化とインテリジェント化技術」を横軸として、革新能力を高める一方、今期の発展計画の特徴である「多分野、多主体が参与するネットワーク状生態」の構築に向けて、「新エネルギー車+エネルギー」、「新エネルギー車+交通」、「新エネルギー車+情報通信」の融合発展を推進していくと謳っている他、政策法規体系の整備として、次の点を挙げています。

  • 2021年より国家生態文明試験区、大気汚染防止重点区域の公共領域において使用する車両を新規追加または更新する際は、すべて新エネルギー車を採用する。
  • 新エネルギー車の研究開発を国有企業評価体系に組み入れるための具体的な規則を制定する。
  • インテリジェント・コネクテッドカーの普及要件に対応する道路交通、事故責任、データ使用などの政策法規を速やかに整備する。
  • 人材チームの構築を強化し、知的財産権保護を強化する。

Comments are closed.

Top