技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2019年11月版

 

A 認証
国・地域名:EU
国コード:AUC-002
サブカテゴリー名:認証の相互承認、型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-006-0168、AU-007-1323、AU-008-0613

 

 

 

EUでは、自動車およびそのトレーラー、システム、構成部品および単体技術ユニットのEU型式認証要件の法的枠組みを大幅に見直すとともに、乗員や脆弱な道路使用者の保護の観点から先進的安全装置の搭載を義務付けようとする、新しい欧州議会・理事会規則のドラフト稿(10月18日付けPE-CONS 82/19、106頁)が公表されました。本稿は全19条と附則I~附則IIIで構成されており、今後、官報に掲載される日の20日後に発効し、発効日の30ヶ月後から適用されます。主な内容は次のとおりです。

  • 欧州議会・理事会指令『2007/46/EC』に代えて、2020年9月1日から適用する欧州議会・理事会規則『(EU) 2018/858』の附則II(EU型式認証のための要件)を一部改訂する(本規則の附則III)。
  • 『2007/46/EC』の実施規則『(EC) 661/2009』を廃止し、本規則の附則Iに列記するUN規則(No. 1~145。ただしNo. 1、8および20を除く)に基づく型式認証をEU型式認証と見なす。
  • メーカーは、附則IIに車両カテゴリー/単体技術ユニット/構成部品別に列記する下記の分野の該当する要件(UN規則を含む)に、それぞれ所定の期日までに適合すること-A:拘束システム、衝突テスト、燃料システムの完全性、高圧電気の安全性、B:脆弱な道路使用者、視野および視認性、C:車両シャーシ、ブレーキ、タイヤおよびステアリング、D:車載計器、電気システム、車両照明およびサイバー攻撃を含む不正使用に対する防護、E:運転者およびシステムの挙動、F:一般的車両構造および特性。
  • すべての車両は、下記の先進的車両システムを装備すること-①インテリジェントスピードアシスタンス(ISA)、②アルコールインターロック装置、③運転者の眠気・注意力警報、④先進的な運転者注意散漫警報、⑤緊急停止信号、⑥後進時の検知システム、⑦イベントデータレコーダー。
  • タイヤ空気圧監視システムおよびタイヤに関する固有の要件:車両は附則IIに定める期日までにTPMSを装備し、かつすべてのタイヤは安全および環境性能要件を満たすとともに、取り付けに関する技術仕様、型式認証手順に適合すること。
  • 乗用車と小型商用車に関する固有の要件:所定の要件を満たす二段階の先進的緊急ブレーキシステムと緊急車線維持システムの装備、頭部衝撃保護ゾーンの拡大、前部保護システム。
  • バスとトラックに関する固有の要件:所定の技術仕様に適合する車線逸脱警報システム、先進的緊急ブレーキシステム、車両の前方・側方にいる歩行者とサイクリストを検知し、警報を発するシステムの装備、運転者の直接視認性を改善し、できるかぎり死角を除去すること。
  • 水素燃料車両に関する固有の要件:水素燃料車両、その水素システムおよび水素構成部品は、欧州委員会が別途規定する技術仕様および型式認証手順に適合すること。
  • 自動運転車(クラス4、5)に関する固有の要件:公道における安全運転を保証するために、所定のシステムに対して欧州委員会が別途規定する統一手順と技術仕様に関する規定に適合すること。
  • 欧州委員会は、附則I、IIおよび上記の規定を更新・修正するとともに、それぞれに適用する個々のテスト手順と技術要件に係わる詳細規則、型式認証のための手順および技術仕様に関する規定を制定する権限を有し、それぞれの実施法令または委任法令を適用日の15ヶ月以上前に公布すること。
  • 本規則の発効に伴って次の規則を廃止する:(EC) 78/2009、79/2009、631/2009、661/2009および(EU) 406/2010、672/2010、1003/2010、1005/2010、1008/2010、1009/2010、19/2011、109/2011、458/2011、65/2012、130/2012、347/2012、351/2012、1230/2012および2015/166。

Comments are closed.

Top