技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2019年10月版

 

A 認証
国・地域名:中 国
国コード:AUC-015
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-1318、AU-008-0610

 

 

 

中国のCNCA(国家認証認可監督管理委員会)は、10月17日、『CCC認証目録と実施要求の調整・完備に関するSAMR(国家市場監督管理総局)の公告』(10月16日付け2019年第44号)を公布しました。

① 本公告の公布日以降、18種の製品(附属文書1)に対して、CCC認証管理を実施しない。指定認証機関は、既に発行したCCC認証証書を取り消すものとし、企業の希望に基づいて、自主性認証証書に転換することができる。

② CCC認証目録内の自己声明評価方式の実施範囲を、28種の製品に拡大する(附属文書2、うち17種を新規追加)。

③ CCC認証実施要求の調整

  • 自己声明評価方式を適用する製品については、同方式のみを採用することができ、今後CCC認証証書を発給しない。企業は、『CCC認証自己声明実施規則』に基づいて、「自己声明適合性情報報告システム」(http://sdoc.cnca.cn)に報告し、同システムが生成する「CCC認証適合性自己声明」(附属文書3)を取得するとともに、製品にCCC認証マークを貼付すること。後続の監督管理要求は同じとする。
  • 2019年12月31日まで、企業は第三者認証方式または自己声明評価方式を選択することができる(後者の採用を奨励する)。
  • 2020年1月1日以降は、自己声明評価方式のみを採用することができる。
  • CCC認証証書をまだ保有している企業は、2020年10月31日までに自己声明評価方式への転換を完了すること。指定認証機関は、11月1日に、自己声明評価方式を適用するすべての製品のCCC認証証書を取り消すものとし、企業の希望に基づいて、自主性認証証書に転換することができる。

④ 本公告の公布日以降、YD/T993『電気通信端末機器の避雷技術要求および試験方法』をCCC認証の根拠標準としない。

  • 附属文書1:今後CCC認証管理を実施しない製品のリスト [うち、自動車関連は、内装部品(製品コード1111)、ドアロックおよびドア保持部品(1112)]
  • 附属文書2:CCC認証の自己声明評価方式を適用する製品のリスト [うち、自動車関連は、間接視野装置(製品コード1110、1115)、タコグラフ(1117)、車体の再帰反射標識(1118)の他、シートベルト(1104)、外部照明および光信号装置(1109、1116)、座席およびヘッドレスト(1114)、安全ガラス(1301)を今回新規追加]。すべて、自己声明手順B(指定試験所での型式試験+自己声明)方式を適用する。
  • 附属文書3:CCC認証製品適合性の自己声明(様式)

Comments are closed.

Top