技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2019年08月版

 

A 認証
国・地域名:中 国
国コード:AUC-015
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-1282、1283、AU-008-0581、0582

 

 

 

中国のSAC(国家標準化管理委員会)とSAMR(国家市場監督管理総局)は、7月29日付け中国国家標準公告2019年第9号において、『GB 7258-2017:動力駆動車の運行安全技術条件』の第1次改訂票(1頁)を承認し、公布しました。この主な内容は次のとおりです。

① 4.4.1.4条(トラック連結車のトレーラーの最大許容積載質量は、トラックの最大許容質量以下であること)を、「ドローバートレーラー連結車のドローバートレーラーの最大許容積載質量は、トラックの最大許容質量以下であること。センターアクスルトレーラー連結車のセンターアクスルトレーラーの総質量は、トラックの総質量以下であること」に変更する(即日実施)。

② 4.6.3条(消防車を除く各種動力駆動車の完全積載、静態状態下における左側と右側の側面傾斜安定角)に、「コンクリートポンプ車、クレーン車、総質量が整備質量の1.2倍以下の油田専用作業車:15°」を追加する(即日実施)。

③ 11.2条(バスに関する特殊要求)に、11.2.10条として、「全長6 m以上の立席乗客用区域を有するバスと立席乗客用区域を設置していない公共バス、ならびに全長9 mを超える都市間バスと観光バスは、その運転エリアに隔離設備を備えて、他者の侵入を防止すること。隔離設備は運転者の安全な運転と乗員の緊急避難に影響を及ぼさないこと」を新設(新しく生産する前者のバスについては2019年11月1日から実施し、都市間バスと観光バスについては2020年8月1日から実施)。

④ 11.3条(貨物輸送動力駆動車に関する特殊要求)に下記の条項を新設(2019年8月1日以降に新しく生産する車両について実施):

  •  11.3.13条:平床トラックの平床には差し込み構造、溝、コンテナ施錠具等の装置があってはならず、かつ平床トラック、柵型トラックの貨物積載部位はリフト機能を備えたり、またはダンプ構造を採用してはならない。
  •  11.3.14条:荷台取り外し式自動車に装備する荷物室は、封鎖式の専用荷物室であるものとし、かつ車両には積み降ろしまたは昇降機構を装備して、専用荷物室を車上まで吊り上げるか、または専用貨物室/車台を昇降できるようにして、専用荷物室の交換を実現するものとする。

注:11.3項中の貨物輸送車両には、トラックとトレーラーを含む。

なお、中国のEIDC(工業情報化部装備工業発展センター)は、8月12日付け通知において、第1号改訂票の執行に関して、以下の要求を通達しています。

1. 是正業務に関する要求

1) 11.2条に該当するバスについて、企業は、それぞれの実施日までに、『公告』の変更拡大を通して是正業務を完了するものとし、是正時には、関連する検査報告書を提出して、裏付け資料として運転エリアの写真を提出するものとする。

2) 2019年8月1日以降、企業が荷台取り外し式自動車の新製品を申告する際には、オプション装備写真の中に、車両が封鎖式専用荷物室を装備している状態を右側45°から撮影した写真を提出し、その他の欄に「この車両は封鎖式専用荷物室の輸送のみ」と明記するとともに、裏付け資料として、車両が専用荷物室の交換を実現するための専用装置の説明資料および荷物室本体の取り外し作業時の写真を提供するものとする。『公告』内の荷物室取り外し式自動車製品は、2019年10月31日までに、変更拡大を通して関連する是正業務を完了するものとする。

3) 『公告』に収載されている、第1号改訂票の要求に適合しない平床トラック、柵型トラック(トラックとトレーラーを含む)については、第323次『公告』を一時停止とする。企業は、急ぎ、自主検査および是正を行って、是正状況をファクシミリ形式の書面にて当センターに通知されたい。

2. 第324次『公告』以降、企業は、『公告』製品の参入許可を申請する際に、1号改訂票の要求に適合している旨の検査報告書を提出するものとする。

Comments are closed.

Top