技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2019年01月版

 

A 認証
国・地域名:韓 国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-1194、AU-008-0504

韓国では、12月31日付け国土交通省令第577号により、『KMVSS(自動車および自動車部品の性能と基準に関する規則)』が一部改訂されました。この内容は主として、4月26日付け国土交通省公告第2018-520号で立法予告が公示されていたもので、改訂趣旨および最終的改訂内容は以下のとおりです。

(1) 最低地上高基準の緩和、物品積載装置や窓ガラス材料の多様化、排気管の開方向基準の改善等により、自動車のデザインおよび性能の向上を図る:第4条(長さ・幅と高さ)、第5条(最低地上高)、第32条(物品積載装置)、第34条(窓ガラス等)、第37条(排気管)の改訂。

(2) トラック等による大型交通事故を防止するために、可変軸設置基準を改善し、反射帯設置基準を導入する:第13条(操縦装置等)、第49条(後部反射器等)、別表32-2(反射帯の設置および反射性能基準)の改訂。

(3) 二輪自動車のエンジンの出力誤差等(第63条、第63-2条)、ブレーキ装置(第67条)および別表5-13(二輪自動車の制動能力基準)を国際基準に合わせて整備する。

(4) 衝突時の死傷者を減少させるために、衝突基準を国際基準に合わせて整備する:第89条(ステアリング装置の衝撃吸収力)、第91条(燃料装置の完全性)、第92条(天井構造)、第102条(衝突時の乗客の保護)、別表11-3、11-5、14、14-2の改訂。第102-3条(固定壁正面衝突の安全性)、第102-4条(ポール側面衝突の安全性)および別表14-7、14-8の新設。

(5) その他、別表2(コントロール類の識別表示と照明基準)の脚注に第17号(エアバッグの故障テルテール)を追加。第115条(仕様の許容差)中、「製造自動車の各種構造および装置の仕様」→「製造自動車についてメーカー等が提示した各種構造および装置の仕様」に変更し、別表33(仕様の許容差)を改訂。

補遺:

① 本規則は、公布日から施行する。ただし、次の各号の改訂規定は、当該各号の区分に応じた日から施行する。

1. 別表2:2019年1月10日
2. 第49条、別表32-2:公布後6ヶ月が経過した日
3. 第67条第1項第8-2号:2020年1月1日
4. 第89条、第91条、第102条、第102-3条、第102-4条、別表11-3、11-5、14、14-2、14-7、14-8:2020年9月1日
5. 第13条:公布後2年が経過した日

② 一般に、本規則の改訂規定は、①の規定による施行日以降に製造・組立または輸入される自動車から適用する。

③ 別表2の改訂規定は、①の規定による施行日以降に開発して、製造・組立または輸入される型式の自動車から適用する。

④ 二輪自動車のアンチロックブレーキ装置に関する経過措置として、①の規定による施行日時点で既に製造・組立または輸入されている型式の自動車については、2020年12月31日まで、従前の規定を適用する。

⑤ 衝突基準に関する経過措置として、①の規定による施行日時点で既に製造・組立または輸入されている型式の自動車については、2022年8月31日まで、従前の規定を適用する。

Comments are closed.

Top