技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2017年8月版

 

A 認証
国・地域名:韓国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)、消費者保護/リコール、VIN、ナンバープレート
AUVIデータコード:AU-007-0955、0956、AU-008-0352、0353、AU-024-0179、AU-069-0214、AU-123-0312

韓国では、7月18日付け国土交通省令第439号により、『自動車管理法施行規則』が一部改訂されました。4月24日付け国土交通省公告第2017-684号による立法予告を反映したもので、この改訂趣旨および主な内容は以下のとおりです。

  • 第41条(製造上の欠陥の是正)の第1項(自動車メーカー、部品メーカー等による所有者や関係先への通知)中、「郵便で」→「郵便または携帯電話のテキストメッセージを利用して」に変更。
  • 第43-2条(車の所有者に関する情報の提供要請)を新設して、国土交通大臣は、要請があった場合、電算処理組織等に記録された車の所有者に関する所定の情報を性能試験代行者に提供することができる旨を明記。
  • 第49-6条(無償提供資料の種類等)を新設して、自動車メーカー等は、自己認証した自動車を最初に販売した日から6ヶ月以内に、自動車検査用資料と整備マニュアルを無償で交通安全公団に提供しなければならないとし、当該資料に変更がある場合には、毎年定期的に更新して提供することを義務付け。別表5-2(自動車検査用資料の種類)を新設して、以降の別表番号を振替。
  • 第51条(資料の記録・維持等)のタイトルを「資料の保存」に変更するとともに、第7号と第8号を新設して、自動車メーカー、部品メーカー等が5年以上保存しなければならない技術情報資料、技術分析資料を追加。
  • 第52条(資料の提出)に第2項~第4項を新設して、自動車メーカー、部品メーカー等がそれぞれの資料を発行した日の月末から10日以内に国土交通大臣に提出しなければならない資料について規定するとともに、対応する別紙第32-3号~32-5号書式を新設(以降の書式番号を振替)。
  • 第55-2条(チューニング作業を実施できるメーカー等の要件)を一部緩和。
  • その他、第149-2条(専門機関の指定申請書)とその書式第95-2号、95-3号の新設、第150条(電算処理業務)、第150-2条(自動車管理業務の電算処理)、別紙第21-2号の改訂等。
  • 補遺

① 本規則は2017年7月18日から施行する。

Comments are closed.

Top