技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2017年2月版

 

A 認証
国・地域名:EU
国コード:AUC-002
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-0879、0880、AU-008-0304、0305

EUでは欧州議会・理事会規則『(EU)2015/758』において、112サービスをベースとしたeCall車載システム、その構成部品および単体技術ユニット(STU)に係わるEC型式認証要件について規定しており、2018年3月31日以降、新型式のカテゴリーM1とN1の車両に適用されます。これに関連して、欧州委員会は、EC型式認証のための行政管理手順を制定し、『(EU)2015/758』を一部改訂する委員会実施規則『(EU) 2017/78』(18頁)と、詳細技術要件およびテスト手順を定めた委員会委任規則『(EU) 2017/79』(42頁)を、1月17日付けEU官報L 12で正式に公布しました(20日後に発効、2018年3月31日から適用)。昨年6月にドラフト稿をWTOに通報していたもので、後者では以下の附則でその詳細を定めています。

附則I: 重大な衝突に対するeCall車載システムの耐性をテストするための技術要件および手順(重大な減速度テスト)
附則II: 実車衝突テスト評価
附則III: 音響機器の衝突耐性
附則IV: 第三者によるサービス(TPS)と112をベースとしたeCall車載システムとの共存
附則V: 自動トリガー・メカニズム
附則VI: eCall車載システムとガリレオおよびEGNOSシステムによって提供される測位サービスとの互換性に関する技術要件
附則VII: 車載システムのセルフテスト
附則VIII: プライバシーおよびデータ保護に関係する技術要件およびテスト手順
附則IX: 技術上の事由により、適切なeCallトリガー・メカニズムを装着することができないため、適用除外とする車両のクラス
・ 車載システムの構成部品は附則Iのテストを受け、関連する要件に適合すること(メーカーの要請により、附則IV、VIおよびVIIのテストを受け、その旨を型式認証証書に記載することができる)。
・ STUは附則I、IV、VI、VIIおよびVIIIのテストを受け、関連する要件に適合すること。
・ 型式認証を受けたSTUを搭載している車両は、車両およびそのシステムについて、附則II、IIIおよびVのテストを受け、関連する要件に適合すること。
・ 『(EU)2015/758』の第5(8)項の準拠規格のうち、(a)~(d)をEN 16072:2015、EN 16062:2015、EN 16454:2015、EN 15722:2015に変更する。

Comments are closed.

Top