技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2016年11月版

 

A 認証
国・地域名:韓国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-0846~0849、AU-008-0283~0286

韓国では、9月29日付け国土交通省告示第2016-1312号で立法予告されていた、『自動車管理法施行規則』の一部改訂が、11月15日付け国土交通省令第371号によって正式に公布されました(即日施行)。これにより、第26-2条(自律走行車の安全運行要件)の第1項第3号が、従前の「国土交通大臣が定めた運行区域でのみ運行すること(自律走行機能を使用している場合のみ)」から、ネガティブ方式に切り替えて、「子供、高齢者や障害者など、交通弱者の歩行安全性の確保に向けて国土交通大臣が別に定めた区域では運行してはならない(自律走行機能を使用している場合のみ)」に変更されました。

また、11月4日付け国土交通省告示第2016-1443号により、『自動車および自動車部品の性能と基準に関する規則(KMVSS)』の立法予告が公示されています(91頁)。〆切:12月14日。
この改訂趣旨および主な内容は以下のとおりです。

① 自律走行車の商用化を支援し、かつ国際基準との調和化を図るため、リアビューミラーに代替するカメラ・モニターシステムを導入し、リアビューミラーと選択的に適用することができるようにする(第2条(定義)の改訂・追加、第50条と第84条(リアビューミラー)の改訂、第108条の削除)。

② 国際基準との調和化を図るため、高圧電気機器の絶縁安全基準を改訂して、適用範囲を明確にする(第2条および別表5の改訂)。

③ 第114条(基準適用の特例)に第17項を新設して、環境に優しい最先端未来型三輪電気自動車に特例を設けて、長さと最大積載量に対する基準を緩和する。

補遺: 本規則は公布の日から施行する。本規則の改訂規定は、本規則の施行後に最初に製造、組立または輸入される自動車から適用する。

Comments are closed.

Top