技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2016年05月版

 

A 認証
国・地域名:エクアドル
国コード:AUC-138
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-0761、AU-008-0243

 

エクアドルでは、同国に輸入されるすべての路上走行車およびシャーシに適用する安全要素を定めている強制性技術規則『RTE INEN No. 034』(路上走行車の最低安全要素)の第三次改訂版について、3月31日付け「修正第3号」(8頁)が4月5日に発効しました。これによる改訂内容は以下のとおりです。

  • 第4章(製品要件)の末尾に、4.21項(本章の要件に適合するために、附則Bの表を適用することができる)を新設するとともに、附則Bで、特定項目別に該当するUN規則、エクアドル規格、米国(FMVSS)、中国(GB)、豪州(ADR)、韓国(KMVSS)、日本(JIS)の番号を列記。
  • 4.4.1項(電子安定制御):本要件の適用を、「2018モデル年」→「2020モデル年」に延期。
  • 第6章(参照または参考規格)に、附則C.1~附則C.4を追加して、特定項目別に該当するエクアドル規格、UN規則、米国(FMVSS)、中国(GB)、豪州(ADR)、韓国(KMVSS)、日本(JIS)について説明。
  • 7.1項(適合性評価の責任機関)中、輸入業者やメーカー、組立業者が本規則への適合性を証明するために提出すべき資料を次のように変更するとともに、2017年1月1日以降、UN規則を適用するときには型式認証文書を提出し、附則Bの規格を適用するときには有効なテストレポートおよび生産の適合性(CoP)証書を提出することを義務付け。

a) UNが認定した機関が発行した、型式認証文書または本規則の要件への適合性を証する文書、または
b) SAEが認定または承認した、またはMIPRO(産業・生産性省)が指定した適合性評価機関が発行した適合評価証明書、または
c) 附則Bで言及するいずれかの規格に従って、UN認定試験所が発行したテストレポート、または
d) SAEが認定または承認した、またはMIPROが指定した適合性評価機関が発行した、試験所テストレポート。

  • 8.1項(監視および監督権限)中、「INEN(エクアドル標準化機構)」→「MIPRO」に変更。
  • 一般規定の第3項に、附則Bに関する記載を加えて変更。
  • 過渡規定の第1項中、UN認定試験所が発行したテストレポートに対する検証の実施を、「本規則の公布日から365日以内」→「2016年10月5日まで」に延期するとともに、第2項(SAEが認定または承認した、またはMIPROが指定した適合性評価機関がエクアドルで設立されるまで、INENがその権限を有する)、第3項(カテゴリーM2、M3の車両の適用除外特性の条件を指定し、適合性自己宣言書を提出する企業は、2017年5月1日以降、品質マネジメントシステムの証明書を添付すること)を新設。

Comments are closed.

Top