技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2016年01月版

 

A 認証
国・地域名:韓国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)、消費者保護/リコール、VIN
AUVIデータコード:AU-007-0716、0717、AU-008-0216、0217、AU-024-0148、AU-069-0178

 

韓国では、12月29日付け法律第13686号により、『自動車管理法(MVCA)』が一部改訂されました。主な改訂趣旨および内容は以下のとおりです。

(1) メーカー自身が製造した範囲について、安全基準に適合していることを認証し、それによる事後管理責任を負う、製造段階別自己認証制度を導入する。

・ 第2条(定義)に、「未完成車」と「多段階製造車」の定義を挿入。
・ 第9条(新規登録の拒否)に、「6. 未完成車」を追加。
・ 第30条(自動車の自己認証等)の第1項に、「(未完成車、多段階製造車を含む。以下、関連条項において同様)」、「(未完成車、多段階製造車の場合には、その製造等を行った状態で適用される自動車安全基準を言う」を挿入。
・ 第33条(自動車または自動車部品の資料提供等)に、第4項「自動車メーカー等が、自動車製作者等に未完成車を販売するときには、国土交通省令で定めるところにより、安全基準適合の有無等の情報を提供すること」を新設。

(2) 一定の生産台数未満の少量生産自動車に対する自己認証方法を改善する(第30条第5項を新設)。

(3) 第32-2条(自己認証した自動車に対する事後管理等)に、第3項として、「認証を受けた代替部品やチューニング部品の使用を理由に、無償修理を拒否することができないものとする。ただし、メーカー等がそれらの使用が故障の原因であることを立証する場合を除く。」を挿入。

(4) メーカー等の自発的リコールを誘導するため、遅滞した場合の罰則を強化する。

・ 第31条(製造上の欠陥の是正)の第1項、第78条(罰則)の第1項に「その事実を知った日から」を挿入。
・ 第74条(課徴金の賦課)の第1項の課徴金を現行の10倍に引き上げる(売上高の1/100、100億ウォンを超過する場合は、100億ウォン)。
・ 第74-2条(損害賠償)として、「欠陥の事実を知った日から遅滞なく是正しなかったことにより発生した財産・身体上の被害については、自動車メーカーや部品メーカー等が損害賠償の責任を有する」旨を新設。

(5) その他、第13条(抹消登録)、第79条~第81条(罰則規定)等を改訂。

Comments are closed.

Top