技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2015年11月版

 

A 認証
国・地域名:中国
国コード:AUC-015
サブカテゴリー名:基本規則
AUVIデータコード:AU-005-0070、0071

 

中国のSAC(国家認証認可監督管理委員会)は、9月28日付け公告2015年第30号において、9月15日にISOが公布した新版マネジメントシステム認証に係わる標準版の交換業務の手配について基本方針を明らかにしました。これを受けて、CQC(中国品質認証センター)は、11月9日、『ISO 9001:2015とISO 14001:2015の新版標準の版交換業務に関する公告』において、次のように通達しています。

1.認証標準の交換期限

① 交換期限は、本文書の実施日から2018年9月15日までとする。これ以降、旧版標準(GB/T 19001-2008/ISO 9001:2008とGB/T 24001-2004/ISO 14001:2004)版の認証証書は、その有効期限の如何を問わず無効とする。顧客企業は、合理的に標準交換を手配されたい。
② CQCでは2018年1月1日より、旧版標準に基づく認証証書の受理、発給を取り止める。それまでは、顧客企業の要求があれば、CQCは旧版標準による認証活動を実施するが、上記のように2018年9月15日にはそれが無効となることを考慮されたい。
③ 交換期間内にCQCが発給する旧版標準の認証証書については、その有効期限を最長でも2018年9月15日までとする(証書上の表示に関わらない)。

2.交換スケジュール

① CQCでは、2015年11月20日より新版標準の認証および交換の受理を開始し、要求を満たしている顧客に新版標準の認証証書を発給する予定である(ただし、CQCがCNAS(中国合格評定国家認可委員会)から新版標準の認証認可を取得するまで、発給する認証証書にCNAS認可マークを付さない)。
② 各顧客は、要求に厳格に従って版交換業務を計画し、交換期限(2018年9月15日)までにすべての認証証書の交換を完了すること。CQCは、顧客企業が希望すれば、年度監督または再認証審査と合わせて、この版交換業務を行うことができる。
なお、本公告には附属文書としてCNASが公布した『ISO9001-2015およびISO14001-2015認証標準版交換に関する認可交換説明』(CNAS-EC-046_2015、20頁)が収載されています。

Comments are closed.

Top