技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー

Monthly AUVI Updates 2015年1月版

 

A 認証
国・地域名:韓国
国コード:AUC-011
サブカテゴリー名:型式認証(車両)、型式認証(部品)
AUVIデータコード:AU-007-0566、AU-008-0136

 

韓国では、『KMVSS(自動車および自動車部品の性能と安全基準に関する規則)』を一部改訂する、12月31日付け国土交通省令第2014-164号が公布され、即日施行されました(2頁)。今回の改訂は、① 近年の二輪自動車の大型化傾向を反映させて、その寸法・重量基準を変更すること、② 11月20日付けの産業通商省、環境省との合同告示(自動車のエネルギー消費効率、温室効果ガス排出量および燃料消費率試験方法等に関する告示)により、自動車の燃費基準を統一して管理することにしたことに伴い、本規則中の燃費試験基準を整備すること、③その他、不備が明らかになった点を是正することの3点で、具体的な内容は以下のとおりです。

(1)第47条(その他のランプに関する制限)の第3項(設置禁止の適用除外)中の第1号「バスにルート表示灯を設置する場合」→「目的地表示灯」に変更。

(2)第59条(二輪自動車の長さ・幅・高さ)中、最大幅を「1.3 m」→「2 m」に、第60条(車両総重量)中、「400 kg」→「1,000 kg」に変更。

(3)第111-4条(燃料消費率)の第1項(燃費基準)を全面的に改訂し、「消費者に販売される自動車の燃費は、メーカー等が提示した値と比較して、市街地走行、高速道路走行、定速走行のいずれも-5%以内とする」旨を規定。第2項(第1項の基準による燃費試験の対象車)の第1号を「市街地走行燃費」→「市街地走行燃費および高速道路走行燃費」に変更するとともに、バスの対象を、「乗車定員15人以下」→「乗車定員15人以下で、車両総重量3.5トン以下」に変更。併せて、第2項(定速走行燃費)を「第1号の規定による試験対象車以外の自動車」に変更。

Comments are closed.

Top