技術翻訳 ・ 法規翻訳 の アクロスユー
Btn-Company_01 Btn-Company_02 Btn-Company_03 Btn-Company_04 Btn-Company_05 Btn-Company_06

 

Title-About06


機密情報の取り組み

取引先や離散している当社の拠点間における安全なデータの共有の確保を

機密情報の3段階の位置付けて(お客様への要望・要請に準じて)実施

ill-security01


 

当社の拠点間の体制について

取引先の多種・多様な要望を満たすために、提供するサービスは社内のコーディネーターから国内及び各国に配置した拠点(各専門家)と通信技術と万全なセキュリティを確保することで人的ネットワークの組織化を実現しました。


体制を確保するための情報資産の対応

データの漏洩、改ざんを防ぎ、同時にウイルススキャンの実施、第三者の開示ログの監視(データの安全性の確保ならびに多重化された安全対策)

ill-security02


信頼出来るASPサーバの確保

セキュリティー情報共有ポイント

必  SSL暗号化対策

1  通信経路対策

2  サーバーの多層化構成

3  蓄積データの管理

4  URLの類推防止

5  IPアドレス制限・ログイン制御

6  パスワードロック・パスワード変更強制の自由度

7  信頼出来る実績のある契約先

上記の課題をクリアする外部契約先として下記と契約

ill-security03


Title-Security05

ill-security05

●通信経路対策⇒
SSLによるデータの暗号化。通信経路上での傍受リスクに万全の備え。

●サーバーの多層化構成⇒
インターネットから切り離してデータを管理。外部からのアタックを無力化。

●蓄積データは多重化して管理⇒
万一に備え、蓄積データをリアルタイムに多重バックアップ。サーバー側の機器障害によるデータ消失の防止。

●データアクセス時のログイン認証⇒
「お客様ID」「メンバーID」「パスワード」の3種情報による認証。通知URLによるアクセス時にも認証を要求。

●通知URLの類推防止⇒
通知URLは、類推対策として暗号化。

●システム冗長構成⇒
バックボーンとの接続を2重化。ルーター、スイッチ等の電源、コントロールモジュールの2重化。

●接続環境と回線設備の柔軟性⇒
大容量ギガビットバックボーンへ直結。大手インターネットプロバイダーとのピアリング。回線帯域の速やかかつ柔軟な拡張性。

●IPアドレス制限機能・ログイン制御機能(内部統制対策)⇒
利用者単位でのIPアドレスの指定を可能にし、環境を特定の環境(例えば会社からのみ利用可能にする)に制限する事が可能。

●IPアドレス制限機能・ログイン制御機能(内部統制対策)⇒
パスワードロック機能・パスワード変更強制機能を標準のセキュリティ機能に装備。

●セキュリティ「ウイルスチェック」「アクセスログ」⇒
上記の対応をオプション装備。

詳細は、http://store.ntt.com/service/bst-sh?link_id=cstore_0500_s004_0502


ill-security04

第三者認証「ISO/IEC27001」「プライバシーマーク」を取得し、保安維持に対し徹底した会社JUSTSYSTEMが運営管理

当社にとってセキュリティー情報共有ポイントを

全て「クリア」したシステムと認識し、

機密情報レベル【高】に対して使用しています。

 


 

Title-Security07
ill-security06

Top